債務整理の条件って?【債務整理をするために知っておきたい情報】

債務整理の条件って?【債務整理をするために知っておきたい情報】

債務整理の条件って?【債務整理をするために知っておきたい情報】

借金問題で苦しんでいる場合は、債務整理という法的な手段で問題を解決することができます。債務整理は、借金を整理して、状況に合った方法で生活を立て直し、借金に苦しんでいる人を再生させる方法です。借金問題を抱えている人の悩みは、「全ての借金をなくしたい」、「返せる借金と返せない借金がある」、「マイホームを手放さずに借金を整理したい」など、人によってさまざまです。債務整理にも、個々の状況に応じて適した方法があり、それぞれ利用するための条件があります。債務整理の内容とそれぞれの条件について、ご紹介します。
「任意整理」は、裁判所を通さずに、当事者同士で話し合って借金の額や月々の返済額を減額させる方法です。取引開始時にさかのぼって利息の引き直し計算を行い、今後の利息カットと減額された元本の分割返済を交渉します。任意整理を利用できる条件は、減額した借金を3年程度で支払える人、継続した収入の見込みがある人です。
「個人再生」は、裁判所に申し立てて、住宅ローン以外の借金を大幅に減額して原則として3年間で返済する方法です。自己破産のように、資格制限がないため、保険外交員や警備員など、自己破産では制限される職業の人はこの方法をとるとよいでしょう。個人再生を利用できる条件は、住宅ローン以外の借金総額が5千万円以下で、継続した収入の見込みがある人です。
「自己破産」は、裁判所に申し立てて、税金以外の全ての借金を帳消しにする方法です。生活に最低限必要なものをのぞいて、全ての財産は処分されますが、以降の収入は自由に使えます。自己破産を利用できる条件は、裁判所に支払不能と認められることです。