債務整理のデメリットを知っておこう※債務整理で失敗しないために

債務整理のデメリットを知っておこう※債務整理で失敗しないために

債務整理のデメリットを知っておこう※債務整理で失敗しないために

自己破産に限らず、債務整理は大抵の場合デメリットがついてまわります。
制度上のデメリットから、制度外のものまで様々ですが、その中でも最も注意しなければならないものを3点紹介します。
1つ目は、指定信用情報機関に登録されてしまう事です。信用情報は自己破産に限らず、特定調停や個人再生などの債務整理においても登録される点が特徴で、この機関に登録すると5年以上の期間にわたって、ほぼ全ての借金をする事ができなくなってしまいます。
このデメリットは非常に大きく、何かお金がになった時に借入をする事が出来ない為、買い物や資産運用面での消費活動を行うにあたって、精神的に萎縮してしまいます。
法制度上のルールで登録されてしまうので、登録しないで済ませる方法はありません。

2つ目は、債務整理対象の金融機関の信用を失ってしまう事です。1点目と似ていると感じるかもしれないのですが、こちらは金融機関個別の情報におけるデメリットになります。信用情報の場合5年以上経過する事で再び借入のチャンスが生まれるものですが、債務整理を実行した金融機関は未来永劫融資してくれないと考えておきましょう。法制度上は登録が消えているといっても、踏み倒した相手は絶対に許してくれません。

3つ目は、債務整理における周囲の人間関係の崩壊です。官報に掲載される自己破産に限らず、債務整理を行った情報は意外と周囲に知られやすく、どこから広まった情報であるか判明し難い事も多々あります。原因を突き止められるならば対処の仕方もありますが、判別しない事もよくありますので、実行する時は絶対に他言しないよう、職場や近所への影響には十分注意しておく事が必要です。