債務整理後のクレジットカード作成について教えて!※お答えします

債務整理後のクレジットカード作成について教えて!※お答えします

債務整理後のクレジットカード作成について教えて!※お答えします

あちこちから借金をしてしまい、借金返済がままならなくなって債務整理をしたいと考える方も少なくないですね。
計画的に返済できなかった人に問題があると言われればそれまでなのですが、借金を放置しているわけにもいきません。
こういう方を救済するための措置が債務整理なのですが、一般的に債務整理をするとブラックリストに載るといわれますね。
簡単に説明すると、債務整理とは文字通り債務の全部もしくは一部を免除してもらう手続きです。
大きく分けて二種類あり、自己破産の場合は全額免除、任意整理は一部免除になります。
どちらにしてもブラックリストに載るというのは避けられません。
ブラックリストというのは、信用情報に債務の整理をした事実が記載され、この事実が消えない限りいかなる借金もできないというものです。
厳密に言うと、まともなところは債務の免除をしなければいけない顧客にお金を貸したりしないということです。
当然クレジットカードの審査にも通らないでしょう。
そして、自己破産の場合は官報に個人情報が載りますので、金融機関はこれを保存していますから、信用情報がきれいになっても破産者の場合はクレジットカードを作るのは難しいでしょう。
任意整理の場合は、整理した相手の会社にはいつまでもデータが残りますから、そこでクレジットカードをつくることは不可能です。
ただ、別の会社であれば信用情報から記載が消えればまたカードが作れる可能性があるといえます。